不思議と人が集う限界集落の古民家。14人が共同生活を送るギルドハウス十日町!【仕・・・

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」の管理人、西村 治久(ハルヒサ)です。 ここ新潟県十日町市(とおかまちし)は人口6万人に満たない中山間 …続きを読む

極薄の「蝉の羽」はこう織られる。日本の伝統テキスタイル「先染め織物」の真髄にふれ・・・

根啓織物は昭和2年創業。十日町紬絣や明石縮を「先染め」「くびり染め」という昔ながらの伝統技法で独特の風合いを持つ織物を織っています。「糸を先 …続きを読む

五千年の時を越え、伝道師ツネルペから教わる「縄文の心」【仕事旅行】

NPO法人 笹山縄文の里では、世界の至宝となった国宝火焔型土器を生み出した笹山縄文の人々。 5,000年の時を経て、今この地、十日町中条地区 …続きを読む

十日町市ロケ応援団に学ぶ!地元を聖地にするフィルムコミッションとは?【仕事旅行】

十日町市ロケ応援団は、新潟県十日町市における映画、TVドラマ、CM、スチール等の撮影の協力・支援を行う民間のフィルムコミッションです。行政や …続きを読む

豪雪も跳ね除ける十日町の冬の農業!「ふかし促成栽培」とは【とかちゃん5月号】

今回のテーマは「山菜!」 みなさん、こんにちは。 この記事はJA十日町とのコラボ記事です。 豪雪の名残もすっかりとけて、十日町にもようやく春 …続きを読む

ギルドハウス十日町での快適な1日

家賃生活費無料の生活とはいかなる物か漫画家の卵のギルドハウスでの日常をご紹介 アプレンティスの仕事をこなす移住者に迫りつつある豪雪地帯の脅威 …続きを読む

人気の「雪下人参」が甘くて希少価値が高い理由とは【とかちゃん4月号】

みなさん、こんにちは! この記事はJA十日町とさと記者のコラボ記事です。   引用:雪下人参 雪の多い新潟ならではの方法で栽培され …続きを読む

第二話 「漫画家の卵 ギルドハウスと出会う」

とうとう仕事を辞めた漫画家の卵。豪雪地帯で出会ったのは摩訶不思議な古民家だった… …続きを読む