こんにちは!
十日町出身、子育て中の一児の母で新米さと記者の水落香奈子です。まだまだ知られていない十日町の魅力を「ママ目線」で発信していきます。

12540340_814401878685793_614873713_n (1)

今回取材に伺ったのは、2010年に設立しコモ通りに事務所を構える「トラストラボ株式会社」さんです。

国道からコモ通りに入り、銀行を過ぎてアーケードを下ると左手に見える会社。ガラス張りの扉の前に立つと、まず目に入ってくるのが会社の顔でもあるこのロゴ
12544870_815333598592621_2057472143_o

すごく都会的なデザインです!

 

 

システム開発や地元十日町のコーポレートサイトを中心に制作していて、ホームページ制作事業は3年前の2013年からスタートしました。

ここに常勤するスタッフは取締役をいれて3名、他に在宅勤務のスタッフが1名の全員女性の計4名の小さな会社です。

トラストラボさんが制作した十日町の企業のホームページを拝見してみると・・・
12207669_815333928592588_312102252_n

働いている「人」にスポットをあてたコンテンツもあり、充実した内容です!

こちらはきもの絵巻館のカタログ請求後の流れのページです↓

12583912_815334075259240_1905397105_n

なるほど、女性が作っているのがよくわかります。レイアウトや色使い、コンテンツも女性目線ならでは。
ホームページを見る側の目線で作られているので、とても分かりやすく見やすく、飽きないオシャレなホームページです。
女性ならではの感性・繊細さが出ているのかもしれません。

「スタッフが女性ばかりなのは何か理由があるんですか?」私のこの質問に

「女性が好きなんです!」
と笑顔で答えてくれた取締役の河合里美さん。
12540364_815334528592528_947460268_n

その一言からは、女性ならではの感性・可能性を信じている!女性の雇用を応援したい!と言うような意味合いも含まれている気がしました。

【子育てを機に津南町へJターン】
実は取締役の河合里美さんの地元は新潟市。
十日町にたどり着くまでは様々なドラマがありました。
都会のソフトウェア会社で働いていた河合さん。そこで出会った男性と結婚し、仕事を辞め二児を育てる核家族の主婦となります。
公園デビュー、はだし教育、いいというものはすべて取り入れるが不安の日々。近くに頼る人もいなく、子育て一本の試行錯誤の毎日。

そんな毎日の中、「子供たちをいい環境で育てたい、人間らしく生活したい」と新規就農制度を利用し、新潟市には戻らず家族で津南町に移住します。

そこで、河合さんが驚いたのがそこに住む「女性の強さ・逞しさ」

「私より若い保育士さんや、出会う女性たちが、ものすごくしっかりしている。ビックリしました!忍耐強く、芯があるというか、雪国だからこその女性の強さを感じました。」

ご自身も農業で土や自然に触れる毎日の中、自分を取り戻していきます。

「炎天下の中でトマトを摘んでいる時、身体中の細胞が生まれ変わった気がしたんです。」

直感的に都会から津南に移住し、子育てをしていくなかで自分の居場所をみつけ、自信が生まれます。
そして、子供が小学生高学年になった頃、十日町のソフトウェア会社に就職します。
10年後、独立して現在に至る河合さんですが、実は大きな夢を持っています。

 

【自分の経験を通して描くママが主役の新事業】

 

子育てを機に仕事を辞めた河合さん。社会との繋がりがなくなり孤独を感じていました。そんな自身の経験が「ママの雇用を応援したい!」という想いに繋がります。
現在、商工会議所青年部で県のビジネスプランコンテストへ応募する新規事業を河合さんが進めています。
それは「ママ」を「人財」とし、ママの雇用を応援する新事業「ママ人財」です。

「仕事が好きだったけど出産や子育てで辞めてしまったママたちが、子育てと両立しながらイキイキと輝いて仕事ができる仕組みができないかな?と考えています。
子どもの成長や年齢に合わせたスタイルで、ママを人財として企業さんとお仕事ができれば面白いなと思うんです。
子供を連れてでも仕事のできる環境を作っていけたらと思っています。
ママにこそ、社会との繋がりが必要だと感じます。
ママ人財を発掘して「いい仕事」を一緒にできたら幸せです。」

女性は子どもの出産や子育てで働く環境が一気に変わってしまいます。
もし、実現できたらきっと十日町のママにとってとても心強い雇用の仕組みになることでしょう。新潟初!日本初の取り組みとして取り上げられるかもしれませんね。
現在進行中で取り組んでいるこの新事業、これからの展開が楽しみですね!

【得意なこと、好きなことを仕事にする】
トラストラボで働く、2名の女性スタッフに話を聞いてみました。
12528018_815334565259191_743062639_n
■山本真麻さん(28歳)
「都会でWeb関係の仕事をしていましたが、地元に戻ってきました。地元でもこんな都会的な仕事があるんだ!と嬉しく思いました。最近結婚したのですが、この先の子どもやこれからを考えると在宅勤務ができることはとてもありがたく、助かっています。」

都会での経験を通して、興味のあるものに得意なことが役立った山本さん。ホームページ制作事業を始めた年に入社し3年が経ち、今では頼りになる存在です。

 

12539985_815334555259192_726139014_n
■大島葉月さん(22歳)
「イラストが好きで、それを生かせるような仕事をしたいと思っていましたが、それが地元でできるとは思っていませんでした。まだまだ勉強中の身でいろいろ教えていただいています。時間の融通がきいたりライフスタイルに合わせて働けることも、とても魅力的です。」

好きなことを繋げて、現場で新しいことをどんどん吸収している大島さん。イキイキとした表情が印象的でした。

 

ホームページはその会社の24時間営業マンとも言われています。誰が、どこで、いつ調べても、隅々まで会社の情報をお客様に正確に伝えてくれるホームページ。見せ方は様々です。

そんな大切な企業の顔であるホームページをトラストラボ株式会社さんでお願いしませんか?

きっとその企業にしかない強みを表した個性的で素敵なホームページができるはずです。

トラストラボさん、取材協力ありがとうございました!

仕事内容 ホームページ制作業務
デザイン/コーディング/CMS構築/SEO対策/コンテンツ考案 他関連作業
募集対象女性・35歳まで
応募条件仕事が好きな方
望ましい条件ホームページ制作経験者・またはホームページ制作経験に変わる他の技術や能力をお持ちの方
(例:システム構築 ・翻訳経験・写真撮影 ・コンサルティング経験 ・サイト運営など)
勤務形態正社員
求めること情報共有を密にして下さる方スタッフとチームとなって働いて下さる方
休日土日祝日 年末年始 お盆
募集状況現在は募集を締め切りました。

  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中