十日町には多くの温泉があり、市内外問わず多くの温泉好きの方々が足を運ぶ地として有名です。そんな中でも評価の高い温泉がここ『千手温泉「千年の湯」』です。
なんと昨年の利用者数は新潟県で2番目に多かったそう。
いかに地域の方に愛されているかが見受けられますね。

十日町の川西という地区にあり僕の家から車で10分ほどの場所なので、
冬になってからは月に2〜3回ペースで通っています 笑

image

 

 

【千年の続く温泉でありたい】
名前の由来は、「千年も万年も続く温泉でありたい」という想いから来ており、その名の通り地元の方に愛され親しまれている温泉です。
image

▲源泉そのままのお湯で体も心もリラックス

 

サウナに露天風呂と家族でもお一人でも充分に満喫できる温泉なので、季節問わず多くの方々が足を運んでいます。
さらに18時以降は入浴料が100円引きになるので狙い目です。僕はいつも人の少なくなる20時以降を狙って入っています。
image

▲露天風呂も広くて快適です

 

【川西という地域】

「千手温泉」がある川西という地区は十日町の中でも地域の方々のつながりが深く自主性の強い地域です。

 

約20年前に川西地区の方々でまちづくりを先導する企業、「まちづくり川西」を作りました。この企業を主体として様々な地域住民の交流を促進する施設やサービス、そしてイベントなどを手がけてきました。

 

例えば以前紹介した「ひとサポ」さん主催のイベントは、「千手温泉」の隣にある市民館で開催されました。小さなお子さんから高齢のお年寄りまで多くの地元の方々で賑わっており、その他多くのイベントはほぼ地域の方のサポートで作られているのです。

 

意見や批判をする人はたくさんいますが、実際に行動する人はなかなかいません。
ですが川西地域の方々は自分たちで発案し、自分たちの町をより良くするために動いています。

 

自分のための行動が周りのためになり町のためになるという循環が、継続的な町づくりとなる良いお手本ですね。

 

 

【温泉という魅力】
「千年の湯」は加温も循環も行なっていないので、源泉そのままの成分で楽しむことができます。
image

▲外にある足湯で談笑してもいいですね

 

地元の方々はあまり感じないかもしれませんが、家からさっと行ける距離にこれだけ良質な温泉があるというのはとても幸せなことです。

 

東京に住んでいた頃は温泉=旅行という考え方だったので、頻繁にいくことはできませんでした。いまは温泉=生活の一部のような存在なので、移住して来たからこその魅力なんだなと感じます。

 

そんな『千手温泉』では求人を募集しています。
十日町を代表する「千手温泉」が元気であり続けることが周りの元気を後押しする。その活力になってくださる方は是非ご覧ください。

 

本日はありがとうございました。

 

 

求人情報 
募集職種フロント業務
雇用形態正社員
給与月給145,000円~165,000円
福利厚生雇用、労災、健康、厚生 
仕事内容○主として「千年の湯」温泉施設におけるフロント受付業務 ・主に来館者の入館料やお土産品等のレジ清算や館内の案内説明などの応対。
○マイクロバス(29人乗り)にてお客様送迎・宴会等利用されるお客様のご要望がある時、運転をしていただきます。
勤務地新潟県十日町市水口沢76-16
勤務時間交替制あり
1)08:30~17:30
2)10:00~19:00
3)13:30~22:30
休憩時間
60分
休日休暇週休二日
年間休日数
108日
応募資格学歴・経験不問
選考基準普通自動車免許・中型自動車免許以上
取得予定(取得中)の方も可能
募集期間2016年4月1日〜4月30日
採用予定人数1名
選考プロセスハローワークよりエントリー→面接→内定
その他※*事前に履歴書と紹介状を、「株式会社まちづくり川西」もしくは「千手温泉」まで郵送あるいは、ご持参下さい。後日選考結果、面接日時、場所について担当者よりご連絡いたします

 

 

【HP】
http://www.machidukuri-kawanishi.com/onsen/

 

 

千手温泉 千年の湯

The following two tabs change content below.
細見 翔太

細見 翔太

「風来人ホーム十日町」管理人
2015年に東洋大学を卒業し、同年4月に十日町に移住してきました。 その後借り手のいない築60年の空き家をセルフイノベーションし、 7月にシェアハウス「風来人ホーム十日町」をオープンしました。

  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中