十日町の情報発信のイマ!

地方からの情報発信が盛んに行われています。
ここ、十日町も例外ではなく、十日町大好きな多くの人、多くの団体、企業が様々な方法で情報発信をしています。
その流れをもっと加速させるプロジェクトが始まりました。

12662443_458907074307759_4486012382181427485_n

「十日町を遊び伝えるジャーナリスト さと記者」

 

さと記者とは何か?

ライター、カメラマン、映像作家、楽曲制作家、Webデザイナーなど、一般市民からフリーランスまで自分の得意分野を活かして十日町を発信するジャーナリストでございます。

現在、総勢20名が在籍していますが今後はもっと増えていきそうです。
生活体験をブログで書く移住者、話題のアノ人にインタビューしに行く主婦、首都圏から足繁く通う十日町マニアの学生etc…色んな立場の十日町好きが、各々の視点で十日町の魅力を切り出し、コンテンツ化して発信しています。

 

12647186_952699661486456_6658208205937129167_n

▲こんなカラフルな名刺を持ち歩いて配ってます!

 

 

とおかまち編集プロダクションも発足!

ライター、カメラマンがいる所、編集者も存在いたします。十日町の情報を「コチラから」切り出して、企画して、コンテンツにしていく活動をチームで実行していくために、編集プロダクションを発足しました。

 

 

編集プロダクション(へんしゅうプロダクション)は、出版社広告代理店などから書籍、雑誌等の編集実務を委託されるマスコミ関連企業。編プロと略称される。独立した小規模経営の企業が多いが、大手出版社などが制作部門を分社化する場合もある。雑誌、書籍、冊子などの企画立案から取材デザイン、執筆、印刷所への入稿、校正など文字画像媒体の制作業務の一切を行うが、契約内容やプロダクションの能力、専門性によって、一部分だけを行うこともある。また、それぞれが媒体の種類や内容ごとに特化しているのが普通で、設備や人材は個々のプロダクションによって大きく異なる。-wikipediaより

 

 

十日町に完全特化した編集プロダクションということで、外部からの依頼を請け負うだけではなく、コチラから内容を企画して出版社、Web媒体に提案したり、企業や団体のPRや刊行物の一部を受注することもあるでしょう。「十日町の情報は十日町と縁のある集団」によって制作されたら良いなと思います。(もちろん、全く知らない人が取り上げることも大事です。)

 

 

3月26日(日)にはイベントも開催

12642763_948929441863478_754031916968873598_n

 

地方の情報発信を考えるためのトークイベント&情報交換会を開催することになりました。ゲストには月刊ソトコトの編集長 指出氏、にいがたレポの編集長 唐澤氏、移住・交流Webマガジン「ココロココ」の佐藤氏と「ローカル」をテーマにした編集者の方々に来ていただきます。

 

詳しい情報は、また後日にも発表いたしますね。
Facebookイベントページ

 

 

さと記者はまだまだ募集中!十日町好き、集まれ!

 

現在、さと記者は「Co-Lab Media とおかまち」 、「さとナビ」にて活躍中です。提携媒体や共同企画も増やしていきたいと思います。ライターもレベルに合わせて仕事の割り振りやチーム編成をしていきますので、興味のある方はブログ記事からでも始めてみませんか?

今後に乞うご期待!

The following two tabs change content below.
大塚眞
地域を開く、地域を拓く。 十日町のことを「つまびらか」にしながら、外に大きく開いていく。 Co-lab Mediaとおかまちを通して、"地域びらき"を実践することで多くの「モノゴト」が起きれば良いなと思っています。この写真、目がイッてますね。