雪下大根を知っていますか?

雪下人参は有名ですよね。雪の下の低温状態に晒されると凍らないように葉や根に含まれる糖分を増やすことで甘みが増します。

雪下大根は同じ仕組みで、十日町市に初雪が降る季節、大根の植わっている畑に積もってから収穫する大根です。
大根の繊維に水分が入り込み、甘みとえぐみが和らぐのが特徴。

ただ、この雪下大根の収穫量は「まだまだ少ない」とのこと。
収穫する時は雪をかき分けて人力で収穫をするため、人手は足りない、手足は冷えると中々過酷な収穫作業になるのだそうです。

しかしながら、収穫した雪下大根は絶品で生でポリポリ食べられる!
十日町市の新しい「雪下シリーズ」になる日も近いですね。

The following two tabs change content below.
大塚眞
地域を開く、地域を拓く。 十日町のことを「つまびらか」にしながら、外に大きく開いていく。 Co-lab Mediaとおかまちを通して、"地域びらき"を実践することで多くの「モノゴト」が起きれば良いなと思っています。この写真、目がイッてますね。