新潟県の「えのきたけ」の生産量が長野県に次いで全国2位ということをご存知でしょうか。その新潟県内でも十日町市の生産量はトップクラス。雪国、コシヒカリ、えのきたけと「白」に縁がありますね。

ところで皆さんは「えのきたけ」をどうやって食べますか?

今回は美味しいえのきの食べ方を「有限会社マッシュ小林」の小林社長に伺いました。

「一番は鍋がおすすめですが、バターソテーや煮こごりにしても美味しいんです」とのこと。えのきは1年を通して栽培できるのですが、消費量は秋〜冬にかけてがピークで夏にもえのきを食べて欲しいと語る小林さん。えのきの可能性に注目していきたいですね!

The following two tabs change content below.
大塚眞
地域を開く、地域を拓く。 十日町のことを「つまびらか」にしながら、外に大きく開いていく。 Co-lab Mediaとおかまちを通して、"地域びらき"を実践することで多くの「モノゴト」が起きれば良いなと思っています。この写真、目がイッてますね。