こんにちは、十日町情報発信ライターの細見翔太です。

 

 

image

 

 

十日町情報発信ライター:細見翔太

東洋大学卒業後、都内の企業の内定を蹴って十日町に移住。

一人お祭り野郎。

 

 

今日は十日町に新しく出来た「日本酒バー」の取材に来ました。

その名も「いこて」
image

 

雪が積もった時の姿が容易に想像できますね。

「かまくら」がモチーフになっているそうです。

 

そこで働くのは女将の藤田真理子さん。

 

image

 

十日町産業文化発信館いこて

女将 藤田真理子さん

 

 

【東京と海外で暮らした13年間】

 

真理子さんは、十日町市内の高校を卒業後、

上京してホテルの専門学校に入学しました。

 

それから約13年間の”都会暮らし”を経験して十日町へと戻ってきて、女将になられたそうです。

 

 

細見「東京に出るきっかけはなんだったのですか?」

真理子さん「ん~、なんか一生地元で生きるのはダメなんじゃないかと思って」

 

細見「もう少し詳しくお願いします!! 笑」

真理子さん「一度は海外に行ってみたい、生活してみたいって思う人は多いじゃないですか。私にとっての海外が東京だったんですよね。」

 

真理子さんは専門学校を卒業した後、六本木の飲食店に勤め始めた。

 

都会で生活していた13年の間には、本当に日本を離れてハワイで生活する時期もあったとのことで、なんとも自由で素敵な人生を送っている。

 

【どこまでも自由を愛する女が十日町に戻ってきたワケ】

 

真理子さん「私は自由を愛する女なんですよ。」

細見「自由を…愛する…というと?」

真理子さん「私が十日町に戻らなかったのは、田舎ならではの風習というか、しがらみに捕らわれたくなかったんですよね…。」

 

 

そう語っている、どこかの少女のような眩し過ぎる目をした真理子さんを筆者は直視できなかった。

 

細見「そんな自由を愛する真理子さんが十日町に戻ってきたのは何故だったのですか?」

真理子さん「2年前に身内に不幸がありまして、それをきっかけに戻ることになったんです。それで、あ、戻らなきゃ!ってインスピレーションを感じたんです。」

細見「インスピレーションの使い方間違ってません? 」

 

【Uターンをして気がついた十日町の豊かさ】

 

こうして、13年ぶりに十日町に帰ってきた真理子さん。

 

いわゆるUターン組ですが十日町を離れたからこそ見えた地元の魅力があったそうです。

 

 

真理子さん「私は現在いこてという日本酒バーの女将をしているのですが、とても多くの人がいらしてくれます。それは私が苦手だった田舎のつながりのおかげだと感じています。」

 

細見「昔は見えなかった十日町の魅力に気づいたんですね。」

 

真理子さん「はい。本当の豊かさを実感できるようになりました。

 

 

自分の生まれた場所を初めから好きな人は多くありません。Uターンというのは、自分のホームのありがたみを感じる手段なのでしょう。

 

 

『親元を離れて初めてありがたみがわかる』ということでしょうか。

 

 

細見「なるほど。一度外に出たから分かることや活かせることもあるんですね。」

image

繋がりが繋がりを生み、お客さんになってくれる

 

【いこてを通じて行いたいこと】

 

細見「産業文化発信館という名前ですが、実際にはどのようなことを行っているのですか?」

 

真理子さん「随時地域の企業様や住民の方をお呼びして様々なイベントを行っています。最近は出店者を募り、ファーマーズマーケットを行いました。」

 

 

細見「これからいこてをどのような場所にしたいですか?」

 

真理子さん「十日町といえばいこてと言われるような地元の方々に愛される場所にしたいですね。そのためにはお客さん一人一人の意見を細かいところまで取り入れたサービスを心がけていきます。」

 

 

いこてでは一階のカフェ&BARだけでなく、一般の方を対象にしたイベントを随時行っている。

 

外から新しいアイデアを持ち込むのも良し、もちろん参加者としてイベントを楽しむのも良し。

 

いこてを通じて十日町の人、もの、仕事に触れてみてはどうであろうか。

 

細見「最後に余計なお世話ですけど、結婚の心配とかされません?」

 

真理子さん「いきなりなんですか 笑」

 

細見「なんか良い話で終わりそうだったので、、」

 

真理子さん「35までには、、いや37までにはしますよ!」

 

細見「なんで増やしたんですか? 笑」

 

真理子さん「今の年齢的に 笑」

 

※真理子さんとは前々から知り合いです。

 

 

そんな謙虚な真理子さんが働くのは、

 

『十日町産業文化発信館 いこて』

 

 

十日町へのUターンを考えている方、地元の繋がりを活かした仕事をしてみませんか?

 

 

P.S

 

細見「この記事を見てたくさんの王子様が集まるといいですね」

 

真理子さん「そうなったらすごい感謝しますね!」

 

細見「せっかくなので募集してみましょうか?笑」

 

真理子さんのお相手も募集中です。

 

真理子さん、お忙しい中、どうもありがとうございました。

 

 

求人情報 
募集職種カフェ&日本酒BARホールスタッフ
雇用形態正社員
給与月給15万〜
福利厚生
仕事内容・館店舗内1階のキッチンスタッフとして調理全般(調理、仕込み、盛り付け等)や厨房管理。
・館内2階イベント時の料理提供。
・食材買い出し。(自家用車使用していただきます)
・場合によっては、ホール接客やレジ業務をお願いする事もあり。
勤務地
十日町市本町5ー39ー6
勤務時間17:00~22:00の間の3時間以上
休日休暇月他
応募資格
未経験可
選考基準飲食経験がある方は優遇します
求める人物像やる気のある人
募集期間〜2016年3月
採用予定人数若干数
選考プロセス直接電話にてお問い合わせ下さい(025-755-5595 )

 

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/pages/十日町産業文化発信館-いこて/274991665983903

 

十日町産業文化発信館 いこて
㈱フラワーホーム

The following two tabs change content below.
細見 翔太

細見 翔太

「風来人ホーム十日町」管理人
2015年に東洋大学を卒業し、同年4月に十日町に移住してきました。 その後借り手のいない築60年の空き家をセルフイノベーションし、 7月にシェアハウス「風来人ホーム十日町」をオープンしました。

  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中
  • 募集中