紅葉の十日町を楽しもうということで、清津峡にやってまいりました。

 

12178105_905579432865146_1910271086_n

 

 

この清津峡、ご存知の方も多いでしょうが、かの有名な黒部ダムや三重のの大杉谷と共に”日本三大渓谷”の一つとして知られています。標高は360mに及びます。

12179779_905579472865142_1136665159_n

 

12188357_706550092813812_475829184_n-2

 

 

もちろんここでのメインは清津峡渓谷トンネルからみる渓谷ですが、そのトンネルの前に温泉街があり、お土産の売店や民宿などが立ち並んでおりそちらも楽しめます。中でも僕が気になったのはこの貸切露天風呂です。

僕は時間の関係で実際には入らなかったのですが、外から見ただけでもこれめちゃくちゃ良い景色見ながら入浴できそうですよね!ただ道のど真ん中にあるのでもろもろ注意が必要そうですが。。。笑

さて!メインの清津峡です!

トンネルでは渓谷を見られるビューポイントが4箇所あり、中でも4つ目のポイントは”パノラマステーション”と呼ばれ絶景が楽しめます。

12188832_706723146129840_861088815_n

↑中央下がトンネル入り口。すでに良い景色。

 

まずはビューポイントです。トンネルから覗くような形になっています。
12188564_706550149480473_1462919045_n
でん

12177864_706731109462377_377521647_n

でででーん!

デカ過ぎ。写真に収まりきりません。

なんとか全体を写そうとしてもこのアリサマ。

 

これらの岩礁は独特の形状をしているのが見えますでしょうか。

これは「柱状節理」と呼ばれるもので、名前の通り柱のような割れ目のことです。

どこまでも続く柱状節理、目の前に迫る岩礁、勢いよく流れる川の音。どれもが力強く圧倒されます。これはぜひとも実際に見て、聞いて、感じて欲しいですね!

最後に、最終目的地パノラマステーションをご紹介します。

 

トンネルの終点。曲がった先に光が見えてきました。

12179290_706550249480463_826025946_n

おっ?

 

じゃーん!

12178191_706550296147125_1822858160_n

これは見事な景色です。V字の渓谷を挟んで川が流れており、奥には赤と黄の紅葉と青空が素敵です。ライター的にも説明しやすい構図でありがたい限り。笑

また、明度をまた調整して撮影したものがこちら。

 

見事な柱状節理が一面に広がっていますね!

ちなみに、冬になるとこんな景色になることもあります。
雪国らしく雪景色…なんて可愛いもんじゃありません。

12188378_905579556198467_1221775431_n
12178106_905579549531801_517181502_n

 

 

そんなただただひたすらパワフルな清津峡、ぜひ訪れてくださいね!

 

詳細はこちら。→http://www.tokamachishikankou.jp/modules/gnavi/index.php?lid=297

(十日町市観光協会の清津峡のページ)

The following two tabs change content below.
大澤一貴

大澤一貴

法科大学院を目指す大学生。知的財産権やニュース関連を得意とする。十日町の美人林がお気に入り。