閉じる

大塚眞
Co-LabMediaとおかまち編集長
地域を開く、地域を拓く。 十日町のことを「つまびらか」にしながら、外に大きく開いていく。 Co-lab Mediaとおかまちを通して、"地域びらき"を実践することで多くの「モノゴト」が起きれば良いなと思っています。この写真、目がイッてますね。

大塚眞 の記事一覧

【とかちゃん9月号】新潟は作付面積NO.1!? 十日町市の茶豆農家に突撃!

  みなさん、こんにちは。 この記事はJA十日町とのコラボ記事です。 今回は、お世話になったのは柳農産さん。お忙しい中にも関わらず …続きを読む

無人駅・美佐島駅で手作りアウトドアウエディング&音楽フェス!?月見結婚祭レポート

記事準備中 …続きを読む

【とかちゃん8月号】甘くて美味しい「八色スイカ」の秘密

みなさん、こんにちは。 この記事はJA十日町とのコラボ記事です。 十日町市の「果物」と聞いて何を思い浮かべますか? …実は私、十 …続きを読む

お困り事を「クエスト」にして冒険者に依頼するアプリ「まちかどギルド」リリース!

皆さま、こんにちは。「ちょっと頼みたいお困りごと」ございませんか? 以前に「地域にポロンと転がっている仕事がある」という記事を書いた事があり …続きを読む

JA十日町が運営する食育学校「どろんこキッズスクール」【とかちゃん6月号】

今回のテーマは「食育!」 みなさん、こんにちは。 この記事はJA十日町とのコラボ記事です。 今回のテーマは「食育」ということですが、なかなか …続きを読む

不思議と人が集う限界集落の古民家。14人が共同生活を送るギルドハウス十日町!【仕・・・

住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」の管理人、西村 治久(ハルヒサ)です。 ここ新潟県十日町市(とおかまちし)は人口6万人に満たない中山間 …続きを読む

極薄の「蝉の羽」はこう織られる。日本の伝統テキスタイル「先染め織物」の真髄にふれ・・・

根啓織物は昭和2年創業。十日町紬絣や明石縮を「先染め」「くびり染め」という昔ながらの伝統技法で独特の風合いを持つ織物を織っています。「糸を先 …続きを読む

五千年の時を越え、伝道師ツネルペから教わる「縄文の心」【仕事旅行】

NPO法人 笹山縄文の里では、世界の至宝となった国宝火焔型土器を生み出した笹山縄文の人々。 5,000年の時を経て、今この地、十日町中条地区 …続きを読む

十日町市ロケ応援団に学ぶ!地元を聖地にするフィルムコミッションとは?【仕事旅行】

十日町市ロケ応援団は、新潟県十日町市における映画、TVドラマ、CM、スチール等の撮影の協力・支援を行う民間のフィルムコミッションです。行政や …続きを読む

豪雪も跳ね除ける十日町の冬の農業!「ふかし促成栽培」とは【とかちゃん5月号】

今回のテーマは「山菜!」 みなさん、こんにちは。 この記事はJA十日町とのコラボ記事です。 豪雪の名残もすっかりとけて、十日町にもようやく春 …続きを読む

人気の「雪下人参」が甘くて希少価値が高い理由とは【とかちゃん4月号】

みなさん、こんにちは! この記事はJA十日町とさと記者のコラボ記事です。   引用:雪下人参 雪の多い新潟ならではの方法で栽培され …続きを読む

【ご協力のお願い】十日町市への移住意識調査アンケート

…続きを読む

【まだ間に合う!!】日帰り&駅チカで楽しめる「大地の芸術祭」!

“あなたはもう、行きましたか?” 東京駅から約1時間半。越後湯沢駅で乗り換えてから40分ほど「ほくほく線」に揺られると「大地の芸術祭 越後妻 …続きを読む

地方のシェアハウスで心豊かに暮らすコツ〜心構え編〜

移住の第一歩として注目されている「地方のシェアハウス」 これまで首都圏に8割近くが集中していた「シェアハウス」。最近では、地方でも増えてきま …続きを読む

十日町に残る先染めの伝統技法に迫る!! 根啓織物

十日町で先染め織物の魅力を知る! 京都・金沢に次ぐ、織物産地「新潟県十日町市」 新潟県の十日町市は織物の町。東京駅から2時間ほどで行けてしま …続きを読む

統染織の真髄を感じられる、大迫力の特別展「十日町きものフェスタ2016」

  織物の町の賑わいは、まだ衰えていない     十日町は織物の町とよく言われますが、その由縁を知っていますか? 実は十 …続きを読む

十日町の情報発信に特化した編集プロダクション、発足!

十日町の情報発信のイマ! 地方からの情報発信が盛んに行われています。 ここ、十日町も例外ではなく、十日町大好きな多くの人、多くの団体、企業が …続きを読む

雪下ろしの事故を減らすための新商品開発中!

こんにちは、さと記者の大塚です! 今年は暖冬。初めての十日町の冬を身構えておりましたが、なかなか拍子抜けも良いところですね。 いつまで続くの …続きを読む

さと記者、はじめました。

こんにちは、さと記者の大塚眞です。 2015年4月に十日町市に移住してきた24歳、シェアハウスで生活しています。 本日はラヴストーリーが如く …続きを読む

美人林の入り口で発見!意外にお洒落な「空き瓶花瓶」

十日町の松之山松口には美人林というブナが群生している場所があります。白いブナの木の佇まいが女性の立ち姿の様だとのこと。その入り口の近くの直売 …続きを読む

クリエイター達と一緒に旅館再生をしませんか?おふくろ館の二代目を募集中!

新潟県十日町市 日本三大薬湯「松之山温泉」にある一軒の旅館     棚田を抜けた先に大きな三角形の屋根が見える。そこが今 …続きを読む